2005年10月12日

メル友より文友。

ハングルの授業で爆睡してたらあてられました。
こんにちわ、melです。

ドキドキしました。


最近、文通がしたくてしかたがありません。
もともと、だらだらと文書を書くこと、
とくに日記と手紙が大好きで、
最近よんだ木下綾乃さんという方の『手紙を書きたくなったら』という本に影響されて、
またもや、むらむらと「文通してぇ!」という気持ちが
沸き上がりまくりなわけです。

この本はイラストレーターである作者さんが
手紙と切手について語っている本で、
かわいいイラストと読みやすいエッセイから構成されています。
さくさくと読みすすめるうちに、
つくづく手紙っていいなぁ、という気にさせられました。
メールより手間がかかるけど、その手間の分よりいっそう気持ちが伝わる気がします。
その人その人の文字の違いや、
便箋や封筒を見るのも楽しいですし。
珍しく若い子ぶった発言をするならば、
プリクラの交換だとかもできてしまいます。
もっとも、プリクラじゃなくても、封筒に入るものなら
なんでもよいのですが、
とにかくそういう物質的な『おまけ』をつけられるのも、
手紙の魅力の一つではないかなぁ、と
思うわけです。

あたしも昔、
と言っても数年ほど前まで、文通をしていました。
2年ほど続いた相手だったのですが、
いつの間にか返事が返ってこなくなり、
あたしも、連続で返すのがなんとなぁく嫌で、
途切れてしまいました。
顔もプリクラでしか見たことのない相手ですが、
たまーに、どうしてるかなぁ、と
ぼんやり考えたりします。
ちょっとだけ寂しい思い出ですが、
そんな想像もまた、楽しかったり。


また、この本のせいで切手の魅力にも取りつかれてしまいそうです。
本にはカラーで世界の切手や日本の切手が紹介されており、
そのかわいらしさにびっくりしてしまいました。
そもそも、あたしの母が昔、切手収集していたようで、
血は争えないといいますか。
ただ、切手収集のようなディープ(だと思う)世界には
どう手をつけていいかさっぱりです。
とりあえず実家から母の切手帳をひっぱりだしてこようかしら、っと。


とりあえず、文通相手を見つけたい今日この頃です。

posted by mel at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですね……、やっぱり。
melさんの文章は、なんか、読みたくなるんですよね〜。で、楽しみにここに来ちゃうんですよ。忙しい日常の中で、私にも、ホッと一息つく時間があって、ピアノを弾いたり、ショッピングがてら散歩をしてみたり、またこうしてパソコンの前に座ったりもするんですが、そんなとき読みたくなるんです、melさんの文章。(ずいぶん世代間ギャップがあるはずなんですけどね……。)
文章を書くのが好きな人の書く文章は人を惹き付けるのものがあるんですね。
ちなみにわたし、書くよりは読むことが好きかもしれません。実は高校時代文通してた大切な友人を、自分の筆無精のためになくしてしまったオバかなヤツなんですよ……。本気で後悔してます。
Posted by at 2005年10月13日 20:43
返事遅れてすみません。
Σ(・ω・`)
て、何か褒められている!?
あたしは、文書を書くことがただ好きで、
どうでもいい、ノートのすみっこに書く落書きのようなものを、
インターネットをというステキな何かを通じて、
垂れ流しにしているだけのつもりです。
そんな文書を、面白いだとか、ほっとするだとか、
そんな風に感じてくれる方がいらっしゃるというのは、
かなり幸せだなぁ、としみじみ感じました。
なんか元気でました、ありがとうございます。

ちなみに、文通相手はまだ見つからず・・・です。
Posted by mel at 2005年10月18日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8030313

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。