2005年09月17日

パンフレットまで買ってきました。

メゾン・ド・ヒミコを観てきました
こんばんわ、melです。

今日は珍しく映画の感想ブログです。
うまくかけませんがっ


同じ時期から始まったチャーリーとチョコレート工場だとか、
四月の雪なんかに、喰われてしまっている感じがするのですが、
あたしの中では、かなりの名作でした。
*あらすじ*
  ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、
  春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。
  春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった。 (Yahoo!ムービーより)
と、いう話なのですが、
舞台は、ゲイのための老人ホームという、
かなり斬新なものです。
父親のことがあるせいか、ゲイを拒み続ける沙織が、
老人ホームの住人達とのふれあいで、段々と心を開いていく上での葛藤と気持ちの移り変わりが、
静かなタッチで描かれている作品でした。
全体が淡々と進んでいくのに、
突然、笑ってしまうようなシーンが挿入されており、印象的です。
各俳優さんたちも、とてもハマリ役で、
特にオダギリジョーさんがかっこよかったです。
ミーハーですね、あたし。
しかし、それ以上に田中泯さん(沙織の父親役)の存在感がすごかったです。
2時間ずっと引き込まれてしまいました。
あたしが今までの人生で見てきた映画の中で、
かなり上位に入る映画だと思います。

ただ、ラストが読めてしまいました。
それでも、よい終わり方だったと思います。

結構、みる人を選ぶ映画ですが、
邦画が好きな方にはぜひ見てほしいと思いました。

あー、でも
途中、いろんな意味で激しいシーンがあるので、
家族と行くのはあまりお勧めできないかもしれません。
友達同士でどうぞ。

いつもとは毛色の違う、
つたない映画の感想でした。
posted by mel at 22:03| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、...
Weblog: spoon::blog
Tracked: 2005-09-17 23:35

メゾン・ド・ヒミコ観たよ
Excerpt: ゲイの物語。 と言っても、今流行りのフォーーーーーーーではない。 淡々と進んでいく、ゲイの物語だ。 今年のゴールデンウィークに、新・文芸坐でジョゼと虎と魚たちを観て、非常??
Weblog: わにわにしちょし
Tracked: 2005-09-21 19:43

「メゾンド・ヒミコ」賑やかな祭のあと
Excerpt: 「メゾンド・ヒミコ」★★★☆ オダギリジョー、柴咲コウ 主演 面白そうなキーワード。 ゲイの老人ホーム オダギリジョー、 柴咲コウ。 劇場も公開1週間経った昼でも 7割の入りは上..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-10-03 19:07

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: 面白かった映画の3本目も、昨日に引き続き日本映画でございます。 『ジョゼと虎と魚たち』がお気に入りの私は、犬童一心監督作品、オダギリジョー主演と聞き、それだけで見たかった映画。 <STORY> 塗装会..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-10-18 09:31

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: 人気blogランキングに参加してます! 読み終えたら、ここを一度クリックしてください。 あなたの清き一票カにて、ご協力お願い致します。 母が私にこの歌を 教えてくれた 昔の日 ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-11-05 16:12

メゾン・ド・ヒミコ−(映画:2006年102本目)−
Excerpt: 監督:犬童一心 出演:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊、歌澤寅右衛門 評価:81点 (ネタバレあります) 世の中で嫌いなものは、ゲイと納豆とカ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-08-06 16:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。